「健康でい続けたい」「早く死にたい」

介護の仕事をしていると高齢者の方の話しをいっぱい聞かせてもらいます。

体の不自由な方ばかりなので、やはり健康でい続けたいと言われます。

 

その逆に「早く死にたい」と言われる方もいます。
「早く死にたい」と言っている方には、
「そう言っている人は長生きしている人が多いですよ」って言うことが多いです。
しかし、相手の状況・状態によっては違うことを伝えます。

 

話しは戻りますが、健康でいたいと言う方ですが、

夫が定年で、これから夫婦で旅行などいっぱい出かけようと思っている方も多く、そんな時に自分たちの親の介護が必要になったり、

また、夫婦のどちらかが体が悪くなってしまい介護をしないといけなくなるケースもあります。

これからって時に残念で辛そうな人をよくみてきました。

 

その方の親もその夫婦も自分たちでできるだけ、日頃から元気に健康でい続けることができるように、食べ物や運動などいろいろと気をつけていかないといけないことがいっぱいありますね。

 

当たり前にできていることは、本当はもの凄く大切なこと!!

普段何気なく毎日を過ごしていますが、

介護の仕事をしていると、体が不自由で辛そうな方がお客さんなので辛そうな方ばかりです。

私も昨年に交通事故に遭い、首のむち打ちが中々治らなかったのもあり辛い1年間を過ごしました。
もう少し首はモヤモヤしています。

体が当たり前に動くことって決して当たり前ではないです。

体が不自由になった時に気づいてしまうことばかり・・・

でも、治る場合はまだ良いが、治らない場合は後悔しても遅い。

 

今一度、当たり前に動いてできていることは決して当たり前ではない、
なくしてしまう前に気づいてもらいたいです。

 

でも、人は大切と気づけてもまた忘れてしまう・・・

また、動けなくなった時に思い出す。

そんな繰り返しだが、日々体が動くことに感謝しながら過ごしたいと思います。

あなたも体を大切にしてあげてくださいね。